弁護士紹介

所長弁護士 平河 有里 Hirakawa Yuri

ご挨拶
杉並区阿佐ヶ谷は、私が生まれ育った大好きな街です。
IT企業で6年間勤務した後、転身して2009年に弁護士になり、2017年5月、阿佐ヶ谷に法律事務所を開設しました。これまでに、個人のお客様については、相続、離婚、成年後見、破産、労働、交通事故、刑事事件など、企業のお客様については、売掛金回収、不動産トラブル、契約書作成、顧問業務など、数多くのご依頼を受け、解決してまいりました。
一つ一つの事件に真剣に丁寧に向き合い、悩みを抱えている相談者様に安心と実効性のある解決策を提供することを目指しております。
法律事務所は敷居が高いと思われがちですが、早めにご相談いただくことにより、アドバイスだけで解決できるケースも沢山あります。
人には話し難い悩みこそ、紛争解決の専門家である弁護士にご相談ください。

経歴

1973年   杉並区生まれ
1996年3月  東京理科大学理工学部卒業
1998年3月  東京理科大学理工学研究科修士課程修了
1998年4月-2004年3月  株式会社NTTデータ
      (システム開発、新規商品企画、契約書作成・締結業務等に従事)
2008年3月  中央大学法科大学院修了
2008年   司法試験合格
2008年12月-2009年12月 司法修習
2009年12月  弁護士登録(東京弁護士会所属)、阿佐ヶ谷の法律事務所に入所
2017年5月  独立して「阿佐ヶ谷総合法律事務所」を開設

活動

東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員(2010年4月-現在)
同委員会副委員長(2016年4月‐現在)
弁護士知財ネット会員
豊島区障害者権利擁護協議会委員(2016年10月‐2018年2月)
中央大学法科大学院実務講師(2010年4月-2013年3月)

執筆

相続遺言紛争事例データファイル(新日本法規出版株式会社)一部執筆担当
知財ぷりずむ2016年12月号「サザエさん生誕70年 国民的長寿コンテンツの秘密に迫る」

その他資格

第二種情報処理技術者
高等学校教諭専修免許(理科)